春菊の胡麻和え

ほうれん草に比べて水分も出にくく、お弁当の液漏れ防止に最適。覚えやすい分量です。

つくりおきにもどうぞ(3日間くらい)

所要時間

20分

材料

春菊…1束

調味料

醤油…小さじ1

砂糖…小さじ1

ごま油…小さじ1

すりごま…大さじ1〜2(お好みで)

作り方

春菊は根元を切り落とし、さっと茹で、冷水につけ冷やし、水気を切る。

冷めたらお好みの長さに切り、調味料を全て加え、和える

コメント

春菊は茎の根元の方が硬いので茹で方に気をつけると美味しく仕上がります。

春菊の茹でる時は茎を先にお湯につけ、30秒ほど茹でてから葉の部分まで全体を入れ、40秒ほど茹でます。

胡麻和えといえばいろいろな野菜でもできますが、個人的に葉物では春菊の胡麻和えが好きです。時間が経っても水気が出にくく、お弁当のおかずに入れても液漏れしにくいです。風味も他の野菜と比較して落ちにくい感じがします。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする