鶏ひき肉のチンジャオロース風

ダイエット中にも最適、お弁当箱を洗うのも楽チンな鶏ひき肉のチンジャオロースです。

つくりおきもできます(4日間くらい)

所要時間

25分

材料

ピーマン…4〜5個

細切りたけのこ…1パック

鶏ももひき肉…200g

調味料

○鶏ガラスープの素…大さじ1

○酒…大さじ1

○オイスターソース…大さじ3

作り方

○の調味料は合わせておく。

ピーマンはワタと種を取り除き細切りにしておく。

細切りたけのこは水で洗うかサッと湯通ししておく。

鍋に水100ccを入れ沸騰させる。

沸騰したお湯の中に鶏ももひき肉を入れ、ほぐしながら中火で火を通す。

水が蒸発してきたらたけのこを入れ1分ほど炒める。

ひき肉とたけのこを炒めたらピーマンを入れ、1分ほど炒めたら○の調味料を入れ、強火で炒め合わせる。

独り言

片栗粉でとろみはつけず、豚肉でもなく鶏肉を使用しているためチンジャオロースではないという意見が聞こえて来そうです(笑)とろみも脂っこさもなく”これでは中華じゃない”という方もいらっしゃるかもしれません…。

最近、身体が太りやすくなってきたので肉は赤身、調理油は控えめに、ごま油とオリーブオイルのみ使用しています。

毎日会社にお弁当を持っていくのですが、そぼろにしてしまうと丼系のお弁当としての食べやすさがぐっと上がります。また、今回のレシピはひき肉を油ではなく、お湯で火を通しているので(和食でよく使われる技法ですね)鶏肉の油のみでとてもあっさりした口当たりになります。お弁当箱も油でギトギトにならず、洗う手間が少し省けます。

余談ですが、母がタイ人の友人から郷土料理を教わった際に鶏ひき肉はお湯で調理すると習ったそうです。日本ではそぼろを作る時の技法ですが、タイでは一体どんな料理で使うのでしょうか…。

今度実家に立ち寄った時にレシピを聞いてこようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする